ステンレス形鋼切断機の概略

 ステンレス−全景B.jpg

  ステンレス形鋼切断機-2.jpg

 

プレスブレーキ成形やスポット溶接されたステンレス形鋼の切断用に製作したカッター走行式の湿式自動切断機です。

メタルソーやチップソーでは切断しにくいステンレスの形鋼を切断するために、切断面が焼けずに少ないカエリで切断できる補強布無しの切断砥石を使用して湿式で切断します。
また、切断砥石の使用によりメタルソーやチップソーを使用して切断する際に発生する騒音も大幅に軽減されます。

 

【主な特徴】 

  • さまざまな形状のワークに対応するため治具を用いて上下方向のエアー式クランプ装置でワークを固定します。
  • 上下移動は自動操作、前後移動は手動と自動を電磁クラッチにより切り換え可能です。
  • 長尺ワークの脱着を容易にするため、正面のカバーを上下スライド開閉式とし切断砥石の交換時は上カバーが横開きする2重構造カバーで作業性を高めています。
  • 防水フードカバーと砥石カバーはステンレスで製作し、テーブル周辺部はメッキを施すなど防錆対策しており、永くきれいにご使用頂けるよう配慮しています。

 

【主な仕様】

 使用カッター径  φ355
 主軸用電動機  5.5Kw 三相 200V
 主軸回転数  約 1,600R.P.M.
 注水用ポンプ  250w 三相 200V
 注水タンク容量  約 200L
 カッター前後ストローク (手動/自動)  500mm
 カッター上下ストローク (自動)  200mm

 

上記の仕様は一例であり、お客様のご要望や切断される形鋼の形状により切断機の外観から仕様に至るまでさまざまな変更が可能ですのでお気軽にご相談ください。 

 

 

切断機に関するお問い合わせ.gif