樹脂・複合材切断機の概略

複合材切断−全景B.jpg

複合材切断−アップ.jpg

 

お客様のご要望によりFRPやCFRP、その他複合コンポジット材料の切断用に製作したカッター走行式の湿式自動切断機です。

硬質材料を切断するためにダイヤモンドカッターを使用して湿式にて切断します。

 

【主な特徴】

  • さまざまな大きさや形状のワークに対応するためカッターの上下ストローク、前後ストロークを大きくとってあります。
  • 上下移動は手動操作、前後移動は手動と自動を電磁クラッチにより切り換え可能です。また、前後移動用の手動ハンドルは自動運転時には共回りしない構造としています。
  • ワークを固定するテーブルはさまざまなクランプ用治具を取り付けできるようにTスロット溝加工されています。
  • 本機はお客様の作業の関係でテーブルの左右方向はカバー無しの開放タイプで前後に切削液の飛散防止カバーを設置しています。

 

【主な仕様】

 使用カッター径  φ305
 主軸用電動機  2.2Kw 三相 200V
 主軸回転数  約 2,000R.P.M.
 注水用ポンプ  180w 三相 200V
 注水タンク容量  約 100L
 切粉除去方式  簡易ペーパーフィルター
 カッター前後ストローク (手動/自動)  870mm
 カッター上下ストローク (手動)  250mm

 

上記の仕様は一例であり、お客様のご要望や樹脂・複合材料の形状により切断機の外観から仕様に至るまでさまざまな変更が可能ですのでお気軽にご相談ください。 

 

 

切断機に関するお問い合わせ.gif